Talking with Michener2006/01/10 20:05

ジェームス・ミッチェナーの対話本を読んだ。

彼の作品、途方もない長編が多く、しかも何故か翻訳されていないことが多いので、苦闘しながら読んでいる。
一方、本書Talking with Michenerは、友人の作家、Lawrence Grobelが準備した質問リストに対して、ミッチェナーが率直に答えたものだ。必然的に、一つの話題についての文章は短く、テーマにそって全体が区分されているので、読みやすい。何より率直な回答につい引き込まれた。大作を読むより先に、こうした本を読んでおく方が、一種勢いがつけられるようにも思える。

わくわくさせられるアフガニスタンについての物語、Caravansを1963年に書いた彼、「パキスタンに亡命したアフガニスタン人を助ける組織の会長になったのは、生涯の過ちだった」と言う。

質問の中には、例のビルのかつての爆破事件や、オクラホマ・シテイの爆破の話に触れて、そうしたテロリズムは特例だったのだろうかというものまである。
ミッチェナーは、1971年に書いたThe Driftersの中で、そうした連中の登場をすでに予見していた、と答えている。

はっきりかきすぎる為に、大作の多くは当初、冷酷な扱いをうけたという。
「ポーランド」を書いたために、ポーランドに暫く入れなかったが、結局は、招待されて大歓迎されるに至った。
「Covenant」は、南アフリカの情勢を厳しく描いたため禁書になったが、結局解禁になった。
古代からイスラエル建国までの、あの地域の歴史を描いた「The Souce」も、学者連からは非難囂々だったが、結局は、イスラエル観光客招致に非常に寄与したと認められているという。

詳細な索引がついており、読み終わった後、ある件について、何と言っていたか確認したい時など、便利だ。一種のミッチェナー簡略事典のように利用できそうだ。日本の本では、こうした作りのものは殆ど見かけない。それほどの中味のない駄作ばかりというわけでもあるまいに。

アメリカの暴力を好む体質に対する反省も率直だ。ただし、あたかもあの「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を思い起こさせるような、日本についての買いかぶりだけはどうしても頂けない。