ネルソン・デミルのワイルド・ファイアー2006/11/19 13:19

「プラム・アイランド」
「王者のゲーム」The Lion's Game
「ナイト・フォール」に続く、大人気の主人公による難問解決のお話がやっと出ました。舞台は911攻撃一年後のアメリカ。イラク侵略の可否というよりも、実行時期がマスコミの話題の中心になったころが舞台。

事実とフィクションをつきまぜて小説にしているので、どちらがどちらかわからなくなりがち。出版前の原稿を読んだ人が、何が事実で、何が想像なのかと著者に尋ねるむきもあったということで、冒頭には、主な組織やコードネームについて、事実、フィクションいずれか、説明してあります。

時々以前の本のエピソード・人名が出てきたりするという読者サービス?があるので、やはり「プラム・アイランド」「王者のゲーム」「ナイト・フォール」を読んでから、本書を読むのが自然の流れでしょう。順序が逆でも問題はないでしょうけれども、突然触れられる人名やら出来事、意味が分からないのでは楽しみが半減とは言えずとも、多少減少するのでは。

Orwelian、newspeak、two plus two is fiveという表現が冒頭立て続けにでてきます。「ナイト・フォール」冒頭部分にもやはり「1984年」のキーワードがありました。オーウェルの「動物農場」と「1984年」が、ハックスリーの「素晴らしき新世界」とともに、彼の愛読書?に挙げられています。

カバーには「インターネットで繰り返して噂になっているアメリカ政府の計画をもとにしたフィクション」という著者の断り書きがあります。そこに続く紹介文はおおよそ以下のような内容。

アディロンダックにあるアメリカの富豪、軍、政府トップの仲間が集う「カスター・ヒル・クラブ」が舞台。一見、超エリート仲間が自然の中で狩りなどをして楽しむロッジなのだが、2002年秋、911事件に対する最終的な報復対策についての理事会が開かれる。
その週、主人公ジョン・コリーの同僚が死体で発見される。そこで、ジョン・コリーと彼の妻で上司のケート・メイフィールドが事件解決に向かうこととなる。世界の破局を引き起こすボタンが押されるのを防げるのはこの二人しかいない。

「事件の背後」の巨大さということで「ニュヨーク大聖堂」を思い出しました。
著者が冒頭言うとおりa scarey book for scary times。ひとごとではないのでは、と、読み終えてからふと思ったものです。

(2006.11.17記 )

http://www.asahi-net.or.jp/~IR4N-KHR/booke/ebooknd.html
より転載

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://1984.asablo.jp/blog/2006/11/19/960385/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。