オーウェル「気の向くままに」にある「素晴らしき自主規制」2006/09/15 22:32

オーウェルの同時代批評As I Please「気の向くままに」に、まるで現代日本マスコミについて書かれたような記事が。

イギリスを日本に入れ替えるだけでそのままぴったり。小見出し「素晴らしき自主規制」は勝手につけたものです。:-)

------
今回の戦争で「国家の安全を危機にさらすことをさけるべく」国会も新聞も共に示した(決していかなる規則、法規によって強いられたものではない)「素晴らしき自主規制」について、ウインタートン卿がイヴニング・スタンダードに書いているのを読んだ。それに「文明社会の賞賛を得た」とも付け加えている。

イギリスの新聞がこうした自主規制を守っているのは戦時に限らない。イギリスで最も驚くべきことの一つは、公式の検閲制度が無いのに、支配階級に本当に耳障りなことは、少なくとも多数の人が読みそうな場所では、何も記事にならないということだ。もし何かあることについて書くことが「よろしく無い」場合には、それは記事にならないのだ。こうした立場は、ヒレア・ベロック(だと思う)の以下の言葉に要約される。

賄賂も、不正も通じない
ありがたや!イギリスのジャーナリスト
だが連中が賄賂なしでやっていることをみれば
賄賂も必要ないのだ。

賄賂も、脅しも、懲罰も不要で-うなずいて目配せするだけで、事は成し遂げられるのだ。よく知られている例は御退位の出来事だ。スキャンダルが公式に発表されるまで、何万、何十万の人々がシンプソン夫人についてすっかり知っており、アメリカやヨーロッパの新聞はせっせと載せていたのに、デイリー・ワーカーさえ含めイギリスの新聞には一言も載らなかった。だが公式な禁圧はなかったろうと思う。ただ公的な「要請」と、ニュースを時期尚早に公にするのは「よろしくない」という一般的合意があっただけだ。そして印刷したとて何の罰がない場合でも、良いニュースが日の目を見られないような場合を私は他にも思いつくことができる。

現在この種のあからさまでない検閲は書籍にまで及んでいる。情報省は、もちろん、基本方針を押しつけたり、禁書目録を発行したりはしない。省は単に「助言」するだけだ。出版社が草稿を情報省に提出すると、情報省はあれやこれやの望ましからぬ点、あるいは時期尚早なり、「正しい狙いに沿わない」と「示唆」する。何ら明らかな禁止があるわけでなく、あれこれを出版してはならないという明確な記述がなくとも、政策は決して侮辱されないのだ。サーカスの犬は、調教師がムチをパシッと鳴らすと跳躍するが、本当に良く訓練された犬というのは、ムチがなくとも宙返りをする。そしてそれが、この国で内戦もなしに300年間一緒に暮らしてきたおかげで、我々が到達した状況なのだ。
-----
上記は、1944年7月7日付Tribune記事の一部分です。61年前!(拙訳)

1945年2月2日付記事には、「1984」の核心を思わせる言葉があります。60年前!
「世界の現状から考えると、戦争はたぶん永遠に続くことになるだろう」
But after that, by the way the world is actually shaping, it may well be that war will become permanent.

1946年11月22日記事では「ある国の新聞のレベルはその国民のレベルに見合ったものだ」とし、イギリスの新聞の知性と人気について書いています。
英語原文は、George Orwell全集 Smothered Under Journalism 499-500頁によるものです。
------
知性(intelligence)というのは、私の意見と合うかどうかではない。本当に重要なことであれば、きちんと重点をおいて、例え退屈なテーマでも真面目に取り上げ、しかるべき少なくとも筋が通る、意味明瞭な施策を主張するかどうかだ。左が知性の順、右が発行部数から見た人気の順だ。最近の数字を持ち合わせていないので、一、二紙、私は順位を間違えているかも知れないが、リストは大きくずれてはいまい。以下がそのリストだ。

知性                人気
1.マンチェスター・ガーディアン 1.エキスプレス
2.タイムズ             2.ヘラルド
3.ニューズ・クロニクル      3.ミラー
4.テレグラフ            4.ニューズ・クロニクル
5.ヘラルド             5.メイル
6.メイル              6.グラフィック
7.ミラー              7.テレグラフ
8.エキスプレス          8.タイムズ
9.グラフィック           9.マンチェスター・ガーディアン

人生などそうしたもので、必ずしも完全にとは言えないものの、人気順リストは、知性順リストをほぼひっくり返したものになっている。仮に私がこれら新聞を完璧に正しい順序で並べていないにしても、基本的な関係は合っている。真実性の上で最も評判の高いマンチェスター・ガーディアンは、それを称讃する人々にすら読まれていない。皆が「余りにつまらない」と文句を言っている。その一方で無数の人々がデイリーを読んでいる。「一言だって信じちゃいないよ」とあけすけにいいながら。
こうした状況の下では、仮にオーナーや広告主による特別な圧力が除かれたとしても、根本的な変化を期待するのは難かしい。問題は、イギリスで我々は、法律上言論の自由を有しているが、本当の意見を恐れずに発言することができるのは、比較的発行部数の少ない新聞上においてだ、ということにある。
この権利を手放さずにおくのは死活にかかわる重要事項である。だが、王立委員会がどのように統制手段を講じても、大発行部数の新聞をましなものにすることは不可能なのだ。世論が積極的に求めるようになれば、真面目で真実性の高い大衆紙が得られよう。それまでの間、ニュースは、仮に経営者によって歪められなくとも、紙一重の差だけしかましでない官僚達によって歪められるだろう。
------
(拙訳ですので、正確には下記翻訳書をどうぞ。)

日本の新聞雑誌・テレビについて、オーウエルが指摘した、この発行部数・視聴率と知性が反比例する関係、当てはまるのか否か、政党議席数と知性度に、同じ反比例関係があるのかどうか、考えこみます。特に、一番部数が多い新聞は!

2005年8月以降、日本のジャーナリズムは北朝鮮のネガそのもの。オーウェル世界、20年ほど遅れて到来!

「気の向くままに」 同時代批評 1943-1947
監訳者 小野協一
オーウェル会訳
彩流社刊
1997/10/30 4800円 ISBN4882025221

現代日本マスメディア状況ということでは、例えば「アメリカン・ディストピア」が、アメリカの現実ということでは、同じく新保哲生監訳「粉飾戦争」あるいは映画 Orwell Rolls in His Grave がお勧め?

http://www.sairyuusha.co.jp/
彩流社

http://www.asahi-net.or.jp/~IR4N-KHR/orwell/asiplease.html
より転載

ネルソン・デミルのナイトフォール2006/09/16 11:08

「プラム・アイランド」、さらに「王者のゲーム」で活躍した主人公が、今度は実際におきたTWA800の爆破・墜落事故を巡って大活躍。

翻訳が刊行されました!

1996 年夏の夜8:31、パリを目指して飛び立ったTWA800がニューヨーク、ロングアイランドの沖合の上空で爆発、分解、230人の乗客とともに海の藻屑となりました。その夏の夜、不倫中の男女が海岸で自分たちのお楽しみをビデオで撮影していたのです。たまたまレンズの方向で起きた事故がうつっていたようです。男女は、あわてて海岸を立ち去ります。無数の証人が、下から光が上空に向かって昇ってゆき、それから爆発が起きた、と証言していたのです。つまり、対空ミサイル攻撃によるものだと。ところが、公式報告はそれらの証言を全く無視するもので、からの中央燃料タンクの中で気化した燃料が、漏電した火花で引火、爆発となったというものでした。証人達が見た空に昇っていった光というのは、目の錯覚で、飛行機からこぼれた燃えている燃料だったというのです。それを説明するアニメビデオまで作られました。ミサイルによる撃墜というのは陰謀説だとして全く無視されるのです。

5年目の慰霊祭に、もと担当者の一人だった妻でFBIのケートが夫コーリーとともに参列し、公式見解にはどうもなっとくできないとコーリーに訴えます。そこで、いつもの大活躍が始まります。フィクションというよりも、ほとんどノンフィクションのよう。

ジョージ・オーウェルのSF的作品「1984年」中の逆説的表現である「愛情省」という用語や、「オーウェル的」という表現が何度か使われています。あの国の社会状況を端的にあらわすキーワードなのかも知れません。後は読んでからのお楽しみ...。

デミルが「ダビンチ・コード」に推薦文を書いたお返しに、「ダビンチ・コード」の著者が推薦の言葉を書いています。読み始めたら止まらず、読み終えてからも、考えさせられてしまうようです。ミステリー大作というレッテルだけでは言い表せない何かを感じます。社会派ミステリー?なおTWA800事故については様々なwebページが作られていますから、検索して読んでいただくと、一層興味が増すかも知れません。

(2004.12.5記 )

翻訳が出ました。
白石朗訳 講談社文庫 上・下 各1000円

(2006.9.16記)
オンライン書店ビーケーワンで購入
http://www.bk1.co.jp/product/2711971/p-koxapa74086
http://www.bk1.co.jp/product/2711972/p-koxapa74086

http://www.asahi-net.or.jp/~IR4N-KHR/booke/ebooknd.html
より転載

次の戦争の与太話をするマスコミ-ノーマン・ソロモン2006/09/29 01:07

次の戦争の与太話をするマスコミ-ノーマン・ソロモン

タイム誌の9月25日号は、イランに対する軍事攻撃に対して、アメリカの報道機関が、どれほど準備をしているかを例証している。イラン大統領マフムード・アフマディネジャドとのカバー・ストーリー・インタビューの見出しは「危険な心とのデート」だ。 大きな活字の副題で、彼を「その傲慢さでアメリカとの戦争の恐怖をかき立てている男」と呼び、二番目の段落はこう述べている。「イラン大統領の写真は往々にしてピース・サインをして見せているが、彼の行動は世界を戦争の縁に導きかねない。」

アメリカ最大の週刊誌、タイムが同日号でしているように、イランに対するアメリカの航空戦を良く調べているということは、我が国の戦争誘導装置の車輪が、別の国に対する別の、いわれない攻撃に向けて一層高速回転しているというもう一つの証しだ。

アフマディネジャドはワシントンとアメリカ・メディアの敵リストのトップに躍り出た。過去20年の間、このリストには、マヌエル・ノリエガ、サダム・フセインそしてスロボダン・ ミロシェヴィッチが挙げられており、ペンタゴンが大規模軍事攻撃を開始する前に、それぞれ激烈な悪口雑言を浴びせられた。

アメリカ合衆国の大統領が、外国の指導者に対して、マスコミ攻勢を開始したり、強化したりすると決めた時には、決まってアメリカの主流報道機関はしっかりその音量とヒステリーを強化してきた。しかし政権は、特定外国の独裁者の悪に沈黙して、戦争の犬の注意をそらすこともできる。

リビアの独裁者を例に取ろう。三分の一世紀以上にわたり、ムアマール・アル-カダフィ大佐は独裁者で、自国内の政敵に対する、彼の全般的弾圧の歴史は、ノリエガやミロシェヴィッチでさえ比較的寛容に思わせるほどだ。しかし2003年12月にカダフィがブッシュ政権と取引して以来の、カダフィの悪に対するワシントンの沈黙は注目に値する。

数週間前、カダフィが公的に自分の独裁37周年記念を祝った時、彼は国営テレビの演説で宣言した。「リビア内部のわが敵は粉砕されたが、そういう連中が新たに出現したら殺す準備ができていなければならない。」カダフィ政権は「反対政党を作ることを非合法化している。」とニューヨーク・タイムズは言及している。

現在イランの人権状況は非難されるべきだが、ワシントンお気に入りの多くの政府のもとでの現状は、はるかにひどい。報道機関は国内で、ご都合主義に貢献するのでなく、それを解決すべきなのだ。だがあまりに多くのレポーターと評論家たちがワシントンの地政学的指針をしっかり習得してしまい、ジャーナリズムの主流体制は内部から腐り続けている。その腐敗がほとんど人目を引かないということが、オーウェル風の「ダブルシンク(二つの矛盾した考えを、ともに妥当なものとして受け入れる二重思考」がどれほど当たり前となっているかの証左だ。

公衆衛生にかかわる懸念が医薬の課題であるのと同様、こんなことは専門家気質以前の問題だ。報道機関は、現在の出来事が改変できない歴史になってしまう前に、それを我々に知らせる早期警戒システムであるべきだ。

しかしメディア体制が情報の自由な流れをむしばみ、広範な議論を妨げるなら、その結果は民主主義のパロディでしかない。それが、四年前、メディアによるイラク侵略事前工作の間に起きたことだ。

今や危険信号はおびただしい。ブッシュ政権はイランをペンタゴンの視野に入れている。そして、戦争に向けての勢いは、核開発と人権に関わるご都合主義に支えられ、大統領がイラン攻撃を始めるのを渋っているがごとく描くアメリカのメディア報道によって、大いに景気づけられている。

タイム誌は書いている。「国務省、ホワイトハウス、そして軍事司令部上層部では、イランとの決定的対決 ... を避けることは不可能かも知れないという意見が広がりつつある。」

誠実なブッシュ大統領は戦争を避けたがっているのだと見なす、メディアによる同工異曲の歪曲は、イラク侵略前の数ヶ月にもあふれんばかりだった。報道機関がそうしたおとぎ話をすればするほど、戦争装置への一体化は進む。

原典は下記にあります。
http://www.commondreams.org/views06/0925-31.htm