次の戦争の与太話をするマスコミ-ノーマン・ソロモン2006/09/29 01:07

次の戦争の与太話をするマスコミ-ノーマン・ソロモン

タイム誌の9月25日号は、イランに対する軍事攻撃に対して、アメリカの報道機関が、どれほど準備をしているかを例証している。イラン大統領マフムード・アフマディネジャドとのカバー・ストーリー・インタビューの見出しは「危険な心とのデート」だ。 大きな活字の副題で、彼を「その傲慢さでアメリカとの戦争の恐怖をかき立てている男」と呼び、二番目の段落はこう述べている。「イラン大統領の写真は往々にしてピース・サインをして見せているが、彼の行動は世界を戦争の縁に導きかねない。」

アメリカ最大の週刊誌、タイムが同日号でしているように、イランに対するアメリカの航空戦を良く調べているということは、我が国の戦争誘導装置の車輪が、別の国に対する別の、いわれない攻撃に向けて一層高速回転しているというもう一つの証しだ。

アフマディネジャドはワシントンとアメリカ・メディアの敵リストのトップに躍り出た。過去20年の間、このリストには、マヌエル・ノリエガ、サダム・フセインそしてスロボダン・ ミロシェヴィッチが挙げられており、ペンタゴンが大規模軍事攻撃を開始する前に、それぞれ激烈な悪口雑言を浴びせられた。

アメリカ合衆国の大統領が、外国の指導者に対して、マスコミ攻勢を開始したり、強化したりすると決めた時には、決まってアメリカの主流報道機関はしっかりその音量とヒステリーを強化してきた。しかし政権は、特定外国の独裁者の悪に沈黙して、戦争の犬の注意をそらすこともできる。

リビアの独裁者を例に取ろう。三分の一世紀以上にわたり、ムアマール・アル-カダフィ大佐は独裁者で、自国内の政敵に対する、彼の全般的弾圧の歴史は、ノリエガやミロシェヴィッチでさえ比較的寛容に思わせるほどだ。しかし2003年12月にカダフィがブッシュ政権と取引して以来の、カダフィの悪に対するワシントンの沈黙は注目に値する。

数週間前、カダフィが公的に自分の独裁37周年記念を祝った時、彼は国営テレビの演説で宣言した。「リビア内部のわが敵は粉砕されたが、そういう連中が新たに出現したら殺す準備ができていなければならない。」カダフィ政権は「反対政党を作ることを非合法化している。」とニューヨーク・タイムズは言及している。

現在イランの人権状況は非難されるべきだが、ワシントンお気に入りの多くの政府のもとでの現状は、はるかにひどい。報道機関は国内で、ご都合主義に貢献するのでなく、それを解決すべきなのだ。だがあまりに多くのレポーターと評論家たちがワシントンの地政学的指針をしっかり習得してしまい、ジャーナリズムの主流体制は内部から腐り続けている。その腐敗がほとんど人目を引かないということが、オーウェル風の「ダブルシンク(二つの矛盾した考えを、ともに妥当なものとして受け入れる二重思考」がどれほど当たり前となっているかの証左だ。

公衆衛生にかかわる懸念が医薬の課題であるのと同様、こんなことは専門家気質以前の問題だ。報道機関は、現在の出来事が改変できない歴史になってしまう前に、それを我々に知らせる早期警戒システムであるべきだ。

しかしメディア体制が情報の自由な流れをむしばみ、広範な議論を妨げるなら、その結果は民主主義のパロディでしかない。それが、四年前、メディアによるイラク侵略事前工作の間に起きたことだ。

今や危険信号はおびただしい。ブッシュ政権はイランをペンタゴンの視野に入れている。そして、戦争に向けての勢いは、核開発と人権に関わるご都合主義に支えられ、大統領がイラン攻撃を始めるのを渋っているがごとく描くアメリカのメディア報道によって、大いに景気づけられている。

タイム誌は書いている。「国務省、ホワイトハウス、そして軍事司令部上層部では、イランとの決定的対決 ... を避けることは不可能かも知れないという意見が広がりつつある。」

誠実なブッシュ大統領は戦争を避けたがっているのだと見なす、メディアによる同工異曲の歪曲は、イラク侵略前の数ヶ月にもあふれんばかりだった。報道機関がそうしたおとぎ話をすればするほど、戦争装置への一体化は進む。

原典は下記にあります。
http://www.commondreams.org/views06/0925-31.htm

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://1984.asablo.jp/blog/2006/09/29/541630/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。