ジェームズ・ミッチェナーの「ハワイ」2005/09/08 18:56

かなり昔に購入した「ハワイ」というペーパーバックを、ようやく読み終えた。 典型的なジェムズ・ミッチェナー本で、とにかく長い。とはいえ、飽きずに読まされた。

まるで地学のような太古の時代の説明から始まり、古事記のような展開となり、やがてアメリカの宣教師の一団が渡来し、中国からさらわれた貧しい少女が、そして広島出身の日本人が、ハワイの中で育ってゆく。

中国からさらわれた少女が、さらった男の現地妻となり、さらにはハンセン病を発病した夫にともなって、姨捨山のごとき僻地に同行するくだりは圧巻だ。

農業用水の灌漑、コーヒー園、パイナップル。ハワイ王朝と日本の皇室の関わりや、日系人部隊など、後半の展開のほうが、古事記のような話よりは面白かった。

読みながら「アロハ・オエ」或いは「ハワイの結婚の歌」が頭のなかで鳴ることが頻繁だった。 今も「ハワイの結婚の歌」が頭の中で聞こえているような気がする。 ハワイ土着の人々は、楽しく歌って暮らすばかりで、資産を失ってゆく。

宣教師達の一族が、産業、商業、政治を握り、ついには、王制を廃して革命を起こすにいたる様を読んで、徳川のキリシタン禁制は正しかったのかもと思わされた。

しかし明治維新そのものが、アングロ・サクソンにあやつられた政変だろうし、さらにはアングロ・サクソンの代理?で日露戦争をさせられてのぼせ上がり、結局はアングロ・サクソンと戦うにいたり、とうとう属国となって、現在金も血も絞り取られ続けていることを考えれば、我々の運命もどうやらハワイ土着の人々とさほど大差なさそうだ。

かつて二巻の翻訳が刊行されたらしいが、webで探してもあまり見あたらない。

ハワイは仕事でわずか二日ほど滞在したことがあるだけで、会議に参加して、海水浴もせずに終わった。アラモアナ・ショッピング・センターで昼食を、海岸沿いの瀟洒なレストランで夕食を食べたことしか記憶にない。 この本を読んでからでかけたら、町を見る目が多少は違っていたかも知れない。 翻訳の復刊を望みたいものだ。

ジュリー・アンドリュースが主演したビデオがDVDにもなってでているようだが、これだけの大作を三時間でどうまとめたのだろうかと気になっている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://1984.asablo.jp/blog/2005/09/08/67934/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。